パパ活で稼いだら税金を支払う必要はあるの?

パパ活で稼いだら税金を支払う必要はあるの?

プレゼントを受け取ってるだけ、お小遣いを貰ってるだけ。

働いた対価じゃないパパ活での金銭的支援に税金は掛かるのか、と疑問に思ってる人も多いのでは?

果たして、パパ活では税金を払う必要はあるのでしょうか。

パパ活では贈与税がかかる

結論から言いますと、パパ活は課税の対象になりえます。

その税金とは贈与税。

贈与税は「人から人へ財産が贈られた」時にかかる税金をいいます。

つまり、パパからのプレゼント、そしてお小遣いは全てこの贈与税の対象になるんですね。

ただ、この贈与税は年間110万円以上になると課税される仕組みになっています。

なので、パパからのプレゼントとお小遣いの年間総額が110万以下なら、税金を払うことも申告する必要もありません。

パパから車やブランド品などの高額なものを貰ってる人は注意した方がいいかもしれませんね。

所得税がかかるケースも

贈与税の他に、パパ活では所得税がかかるケースもあります。

その対象になるのはパパ活を副業にしていた場合。

正社員として会社で働きつつ、その合間にパパ活をしていたら副業に当たるので、年間20万以上を稼ぐと確定申告をする必要があります。

副業であるパパ活は当然、働いてる会社は年末調整をしてくれないので、自分で確定申告してくださいね。

ちなみに、交通費等が経費として落とせることもあるので、領収書は大事に保管しておきましょう。

あまり働いた感覚がないパパ活ですが、やはり貰ったお金という事で、しっかりと税金はかかります。

特にパパ活で稼ぎまくってる人は税金を支払う必要があるので、注意してくださいね。

パパ活で脱税なんて恥ずかしい事にならないように、自分がいくらパパからプレゼントされたのか、ちゃんと覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました